いのちとくらし守る市政を!

投稿者: | 2015年2月11日

消費税増税、原発再稼働、年金引き下げ、医療改悪、介護保険改悪、労働者葉件法の改悪…安倍自公政権は、国民のくらしを顧みない政策を次々にすすめています。さらに、憲法9条の解釈をムリヤリ変えて、「集団的自衛権」の行使容認など、戦争する国に突き進もうとしています。国の悪政から、市民を守る防波堤として、自治体の役割はますます重要です。わたくし、岡井つとむは、市議2期の経験を生かし、市民のいのちと暮らしを守るため頑張る決意です。